信貴山観光ホテルトップページ > 観光情報

メニュー

プランのご案内

修学旅行の方へ

大和料理 萬佳群山

山菜料理 蓬乃里

お問い合わせ・ご相談。TEL 0745-72-7801 〒636-0832 奈良県生駒郡三郷町信貴山西2-40。営業時間 9:00~21:00 お問い合わせ 宿泊予約

【信貴山・斑鳩地区周辺観光情報】
信貴山朝護孫子寺
信貴山朝護孫子寺

「信貴山の由来」にありますように「信貴山」と名付けられた聖徳太子が建立なされた寺院です。広い敷地の中は情緒ある趣で、本堂からの眺めは絶景です。 寺内にある「世界一福寅」と名付けられている巨大な張子の虎も圧巻。また、寺宝である国宝「信貴山縁起絵巻」も非常に有名です。 朝護孫子寺では夜間も開放され、座禅の体験もできます。

当ホテルより5分
詳細を見る
開運橋
開運橋

赤のカラーリングが美しい、昭和6年に架けられた鉄橋。 朝護孫子寺を訪れる多くの人が、渡ります。 実はこの開運橋、「カンチレバー」という非常に珍しい工法で造られた橋で、この工法の橋では日本最古のものです。 また、橋を支える橋脚は「トレッスル橋脚」といい、これも全国でも珍しい。2007年にその文化財的価値が認められ、国の登録有形文化財に指定されています。

※カンチレバー工法・・・橋脚の左右でバランスをとりながら少しずつ橋桁(はしげた)を伸ばす工法。 戦前に架けられたものでは開運橋を含め、2例しか現存していない。
※トレッスル橋脚・・・鋼製の部材を、三角形を基本単位とするトラス状に組み立て、骨組み構造とした橋足や足場のこと。

法隆寺
法隆寺

言わずと知れた、聖徳太子建立による現存する世界最古の木造建築物。ユネスコが定める世界遺産に日本では初めて「法隆寺地域の仏教建築物」として登録されたことでも知られます。 今も昔と変わらず、観光客や修学旅行生で賑わっています。

当ホテルより20分
詳細を見る
法起時
法起時

日本で初めて世界遺産に登録された、「法隆寺地域の仏教建築物」は法隆寺とこの法起寺を併せて指します。 開基は聖徳太子の子息、山背大兄王と言われ、国宝の三重塔は日本最古、最大のものです。 尚、「ほっきじ」と読むことも多いですが、正しくは「ほうきじ」だそうです。

当ホテルより20分
詳細を見る
慈光院
慈光院

石州流茶道の祖である片桐石見守貞昌(石州)による創建。 境内全体が一つの茶席として造られている極めて貴重な場所です。 重要文化財の書院や茶室に加え、美しい庭園は必見。 300年以上に渡り、守り続けられている本来の「茶席」を是非体感してください

当ホテルより20分
詳細を見る
龍田大社
龍田大社

雨御柱命(あめのみはしらのみこと)、国御柱命(くにのみはしらのみこと)を祭神とし、よく龍田風神と総称されます。「延喜式」祝詞「龍田風神祭祝詞」によれば、崇神天皇による建立とされ、国史には天武天皇4年(675年)4月10日に勅使を遣わして風神を祀らせたという記事が初見です。大変歴史ある神社で、7月第一日曜日に行われる風鎮大祭の迫力ある手筒花火は一見の価値ありです。また、秋は紅葉の名所でもあります。

当ホテルより10分
農業公園信貴山のどか村
農業公園信貴山のどか村

しいたけ、イチゴ、すいかなど様々な農作物の収穫が楽しめる農業公園。 また、春などはフラワーパークも非常にきれいです。 ほかにも木工・陶芸教室やバーベキューハウス、キャンプ場、つり池、フィールドアスレチックなどがあり、子供から大人まで楽しめますので家族でのお出かけに最適です。

当ホテルより5~10分  
詳細を見る

今から約千四百年前、山に登り戦の必勝祈願をしていた聖徳太子の頭上に
毘沙門天様が現れ、必勝の秘法を授けました。
その後、太子は見事敵を打ち倒しました。

毘沙門天様の加護に心を打たれた太子は、その山を
「この山は、信ずべき貴ぶべき山だ。」と言い「信貴山」と名付けました。

この毘沙門天様の降臨は「寅の年・寅の日・寅の刻」の出来事と伝えられており、以来信貴山の毘沙門天王は虎に縁のある福の神として崇められ、虎グッズは開運幸福をもたらすとして親しまれています。


  • トップページ
  • サイトマップ
  • 新着情報
  • リンク集
このページのTOPへ

信貴山観光ホテル株式会社〒636-0832 奈良県生駒郡三郷町信貴山西2-40

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL 0745-72-4801